忍者ブログ
毎週金曜日に松山福音センターで活動しています青年会です。教会は初めてという方も大歓迎です。
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

21日(日)
 昼食奉仕
 前日の土曜日に、買い出し&仕込み

27日(土)
 会堂清掃、13:00からです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
19日、20日の予定
19日(金)は、次の日が昼食奉仕の準備なのでお休みです。
20日(土)の15:00から、買い出しに行きます。買い出し後、調理して行きます。
予定では21時には帰れます。参加できる方は手伝いお願いします。
ainn 2007/01/13(Sat)23:10:29 編集
あしたのねこ
俺の名前は、ジョー。ねこボクサーだ。ライバルの力石に勝つため、丹下ねこ平に秘訣を教わった。
あしたのため その1 寝ること
あしたのため その2 つめを磨ぐこと
あしたのため その3 寝ること
あしたのため その4 飼い主にえさをねだること
あしたのため その5 寝ること
あしたのため その6 またたびでラリること
あしたのため その7 寝ること
これで俺の勝利は間違いないだろう。ふふふ・・・。 
kurosimaneko 2007/01/26(Fri)01:19:53 編集
ただのねこ
私はねこ。オス。もうすぐ3歳になる。今までねこでありつづけたが、とくに良かったと思うことはない。だからといって悪かったと思うこともない。ねこ人生は平凡だった。これからもそれは変わらないだろう。・・・あご主人様だ。ちくわ、もらいに行こ・・・。それではさらば。
 誰かたまには書き込みしろ。つまらんぞなもし。
kurosimaneko 2007/02/21(Wed)23:02:10 編集
無題
通りすがったらねこちゃんのコメントリクエストだわ。ねこちゃんじゃないけど、いぬ話ですが、さっき実家に行ったら、飼い犬(ミニチュアダックス・りんちゃん)にかなり寝たふりされて相手にされなかった。全身毛布ですっぽりかぶってるのよ。その前に母は「昼間りんに死んだふりされた」と言ってた。どういう犬?!

土曜日は青年宣教大会&ブッルクリンタバナクルゴスペルシンガーズ(おいおい、ちゃんと横文字あってるのぉぉ??あやしい)コンサートをとっても楽しみにしています!!!!!初めてです。青年会の方の参加人数多いね。
ちょっと今、筋肉痛で泣いているので土曜日までにはなおしまぁす(涙)


hika 2007/02/22(Thu)00:23:04 編集
ねこのおんがえし
ここほれ、わんわん。は・・・私はねこだった。
ひかちゃん、コメント、サンキュー青年宣教大会楽しんできてね。
kurosimaneko 2007/02/22(Thu)01:45:13 編集
りんちゃん
さっき、実家に行っていました。
またりんの話ですみません、りんちゃんに全く相手にされませんでした。かわいそうな飼い主。
知らない人が見たらそこに犬がいるなんてわからないほど、まるで毛布がバサッと置いてあるだけ・・・のように、りんが息を潜め、気配を消していました。

無視られながらも必死で「りんちゃん!りんちゃん!?」と呼びかけていると、「普通、犬って遊んでもらいたいもんやと思うのに・・・」と言ってウケてくれたnaonaoのコメントがリフレインされました。
hika 2007/03/13(Tue)00:47:31 編集
おとうねこ
今回は猫は関係ないのですが、家のおやじさんの話を一つ。
おやじさんは僕が夜、家に帰ってきたらテレビを見ながら寝ていることがあるのですが、こんな会話がありました。
僕「あ、父さん寝とる。」
父「寝とらんねん。起きとるわ。」
僕「でも、ほとんど寝とるやろ。」
父「聞いとんねん。起きとんねん。」
僕「風邪ひくけん。ほれ、ふとん。」
父「いらんわ。あほ。」ふとんを剥ぐ。
僕(ちょっと、むか。親切でしとんのに。)
僕「わかったわ。ふとんは片付ける。」
暫くして・・・
父「寒いわ。」
僕(どっちゃねん!僕も心の中で関西弁。)
でも、僕はやさしいので、ふとんをかけてさしあげ、深い眠りについて頂いたのでした。ちゃんちゃん。
こんなこと書いたってばれたら、確実に抹殺されます。血みどろの関西弁攻撃に合います。本気できれるとおもいます。でも、おかしかったので書いちゃいました。ししし・・・。
kurosimaneko 2007/03/26(Mon)01:26:53 編集
まぁぁ(馬子風に/by愛餐会)
かわいいなぁ。
お父さん、テレビを観たりテレビに見られたり落ちかけの時を楽しんでたんやね。あのふわふわの時って気持ちえんよね。お布団までかけて頂いて最高やなぁ。
ところでその時お宅のねこちゃんはいずこに?
hika 2007/03/26(Mon)23:08:45 編集
うちのしまねこ
家のおやじさん、かわいい所もあるのですが、なかなかとプライドが高いのです。それで、その時、家のにゃんこ(メンタ、約五歳、雑種)はどうしていたかというと、外で遊んでました。遊んでいるといっても、どこかでじっとしていることが多いです。そうそう、それで最近奴は避妊手術をしているにも関わらず、彼氏ができて「にゃーごー」と呼ばれては外に出ていたのですが、ある日口もとに小さな傷をつけて帰ってきて、それ以来彼氏に呼ばれても外に出ません。彼氏も諦めたのか家にこなくなりましたね。何があったのでしょう。バイオレンスな彼氏だったのでしょうか。まあ、よくてよくて僕がいるでないか。抱っこしようとすると、いっつも逃げられるけどね。
kurosimaneko 2007/03/26(Mon)23:36:06 編集
へぇ
メンタちゃんって言うのね。お名前の由来は??
カレシとケンカ中なのか、お別れしたのか・・・??メンタちゃんも色々あるのだ。そもそも理由は何なんかな?食べ物?「俺のカツオ盗ったのメンタか?!」「失礼ね!そんなお育ちじゃないわ!」みたいな?

近頃ペット話が多くなりました。
うちのりんは太りすぎてダイエット中です。
hika 2007/03/28(Wed)14:31:10 編集
失礼ね!あたしの名前はミーよ!
メンタってのはメスという意味で使ったのでござるよ。ミーの名前の由来はなんでしょうね。いつのまにか、ミーになっていましたね。家に来た当初は弱っていたのか、目に膜を作っていて不細工ね、グレムリンみたい、と言われていたのですが、今では家族に愛されてなかなかの美人に育ったのですよ。氏より育ちということでしょうかね。僕はときどき、ミーのしっぽを指で挟んでは、セクシーな嫌がる声を楽しんでいます。
kurosimaneko 2007/03/28(Wed)18:03:29 編集
きゃ~~~
失礼しました!ミーちゃん!ゴメンニャサイ!
なかなかの美人とはこれはこれは!!おうちの方々に大事にされているのね。今度写真見せてくださいにゃ。


私もりんのしっぽで遊ぶのスキです。手でりんのしっぽに曲線を作ったら、その曲線を少しの間維持してくれます。されるがままのりんです。

hika 2007/03/29(Thu)15:01:05 編集
部会ミーチィング報告
いよいよ4月はばざーですね。
4月22日の部会ミーティングで使うガスの口数、電気の口数、どういう電気を使うか(ワット数など)を連絡して欲しいとのことです。
29日は礼拝直後に奉仕できるように。夕拝はないそうです。雨が降らないように祈りましょう。
koki 2007/03/30(Fri)12:45:42 編集
どらいぶねこ
私は肉球にワックスをかけながら、実家に帰ってしまった妻のはるみのことを考えていた。肉球にふっと息を吹きかける。艶を増した私の肉球は間接的に私の目の輝きを映し出した。私のねこ生涯は仕事一筋だった。息子たちも大学までいかせてそれなりの会社に就職させることができた。私はそれで満足だった。しかし、はるみは違った。はるみは家を出る日、私に言った。「あなたは私という、ねこに興味がないの。いいえ、ねこそのものに興味がないのよ。」涙がひとしずく落ちていた。
 私は肉球に塗ったワックスが乾くのを確認した。さあ、行くか。車庫にあるのはムスタングこの日のために用意した。長いドライブになりそうだ。サングラスを掛けエンジンをスタートする。目を丸くするはるみの姿を想像してみる。私は口もとを少し緩ませた。
kurosimaneko 2007/04/21(Sat)23:43:41 編集
のらねこ、ままんの祈り
ささやかな、ささやかな祈り。
ままんは、祈ります。
子ねこたちのために。
あなた達は生まれついたの、のらねこに。これは運命かもしれない。
これから、あなた達は出会うでしょう。
悪意をもった人間、優しい人間、何も干渉しない人間、ねこともだち、天敵恐れ、悲しみ。
でもね、信じていて、ねこたちを、そしてたまには人間を。何も信じられなくはならないで。どんなに酷い目にあっても、こころの片隅に明かりを灯しておくの。その明かりを決して消さないで。これがままんの祈りです。

追伸 どうやら、少し元気になったみたいですね。早く笑顔が見たいものです。
kurosimaneko 2007/05/23(Wed)19:34:08 編集
かんしゃ
主は私の羊飼い
私は乏しいことがありません
主は私を緑の牧場に伏させ
いこいの水のほとりに伴われます


救われている恵みに感謝。
愛する家族に会えて感謝。
しあわせです。

hika 2007/05/27(Sun)22:49:31 編集
ネコガワ・クリステル その1
 煙草を吹かし、考える。今日は晴れやかな日だが、素直に受け止めてやることは、できない。教会の鐘の音を想像する。牧師の問いに二匹は答えるだろう。永遠のそれを。
 私は一口、コーヒーを啜った。煙草とコーヒーの絶妙な組み合わせに口元を膨らまし、しっぽを立てた。下の階段から、ばたばたと音を立ててやってくる輩がいる。新巻君だ。猫のくせに騒々しい奴だ。お前の肉球は飾り物なのか?
「ネコガワさん、なにやってるんですか。もう式が始まってしまいますよ。」
 私はもう一口、コーヒーを啜って煙草を灰皿に押し付けた。
kurosimaneko 2007/06/05(Tue)23:10:25 編集
ネコガワ・クリステル その2
「いいんだよ、新巻君。私は式にはでない」
 新巻君は耳を逆立てた。
「ネコガワさん、あなたは子供だ。いい年して何いじけてるんですか。レイナちゃんの気持ちを考えてみなさいよ。人生に一回きりのバージンロードを一人で歩かせるんですか」
 私はふふんと鼻を鳴らし笑った。
「一回きりなら良いんだけどな」
 新巻君はふぎゃーと叫び、入り口の柱で爪をばりばりと磨いだ。まったく直ぐにヒステリーを起こす奴だ。
kurosimaneko 2007/06/06(Wed)20:05:15 編集
ネコガワ・クリステル その3
「いいですか。あなたが式に出ないのなら、僕はこの事務所を辞める。一生あなたにお目にかかることもないでしょう。それでもいいんですか?」
 辞めれば? そう言おうと思ったが、前貸しにしている給料の分を働いて貰わなければいけない。
「じゃあ、ポーカーをしようか。君が勝てば式に出ようじゃないか。私が勝てば式には出ない。どうだい?」
 新巻君は黙って私の首根っこを掴み、事務所から引きずり出した。おい、鍵を掛けていないじゃないか。まあ、取られる物なんて何もないが。
kurosimaneko 2007/06/07(Thu)22:32:03 編集
ネコガワ・クリステル その4
 レイナは私の背を見て育った。私に愛想をつかして、妻だったハルミが出て行った後もレイナは笑顔を絶やさなかった。少なくとも私の前では。表情の作り方や癖だって私にそっくりだ。そんなレイナが連れてきたあいつは芸術家気取りの売れない画家だった。顔だってそんなに良くない。私の若い頃の方が幾分か、ましだ。
「この猫と話をしていると、落ち着くの。話も凄く面白いのよ」
 レイナはそう言った。ふん、酒落臭い。話が面白いだけで食っていけるのか。私だって金持ちとは言えないが、レイナを大学まで行かせることができた。それがあいつにできるのか。私がここまで育てたレイナを、それをあいつは・・・。
kurosimaneko 2007/06/10(Sun)15:31:41 編集
ネコガワ・クリステル その5
 新巻君は私の首根っこを掴んだまま、タクシーを飛び降りた。教会の入り口では、牧師がにこやかに私を待っていた。
「レイナさん、とても綺麗ですよ。早くバージンロードの前に行ってやってください」
「別に私は来るつもりはなかっ・・・・・・・・」
 私が苦み言葉を言い終わらないうちにまたまた、私の首根っこを掴み、新巻君は教会の二階に走った。
 白いウエディングドレスに身を包み、白いベールがレイナの顔を隠していた。私は密かにタクシーの中で何度も予行演習をしていた。私のしわがれた脳味噌の中で。
 私はレイナのウエディングドレス姿に舌打ちを打つ。何処からこの金を捻出したのだ、などと嫌味を言いながら。そして、レイナの顔も見ないでポケットからはした金を出し、しわくちゃの紙幣を投げつける。「これが私の気持ちだ」そう言って私はレイナに背を向け教会を出る。
kurosimaneko 2007/06/11(Mon)11:15:17 編集
ネコガワ・クリステル その6
 何度もイメージしたその画は歪んで散らばり、煌きながら螺旋を描いて消え去った。私はゆっくりとレイナに近づき、震える手で花嫁のベールをとった。そこには私がいつも見ていた少女猫の面影はなかった。大人びた、そう成熟した女猫の笑顔が私を向かえたのであった。私は髭に触れた。そして、次に頬に。次に口に。綺麗だ、そう言いたかった。しかし、私の口は震え、そこから言葉が発せられることはなかった。私は黙ってレイナの手を取り、バージンロードの先を見た。真紅のその道の先にはあいつがいた。真っ直ぐにこちらを向き髭を立て、私達を静かに、そして誠実に待ち受けている。不思議だ、レイナの手をあいつに渡したいと思う。私はレイナの手を引いた。レイナは歩みだし、私も共に歩いた。私はレイナより少し前に出てレイナをエスコートすることに努めた。
kurosimaneko 2007/06/12(Tue)00:06:50 編集
ネコガワ・クリステル その7
 小鳥の鳴き声が聞こえた。教会に紛れ込んだのだろうか。私は上を見上げた。小鳥は見当たらない。
 遠くでハルミの声も聞こえる。何を言っているのかは分からない。
 私は目を瞑った。涙が滲み出るのを感じる。これからのレイナの幸福をただ願った。
 牧師の問いに二匹は答える
        永遠のそれを
        
              おわり
kurosimaneko 2007/06/14(Thu)22:19:08 編集
部会ミーティング
今日は部会ミーティングだったですね。
いつもkurosimanekoさんやkokiさんに任せきりでごめんなさい。今日は私は休みだったから出席したらよかったですね。

夕方、「青年会が誰も来てない・・・」と、愛する姉妹から電話をもらいました。何か報告する事があれば伝えるよ?と。
その姉妹からの伝言によると、7月の会堂清掃は大学生会と日時を要・再確認との事でした。
hika 2007/06/21(Thu)23:13:39 編集
ねこさん
やあ、ねこさん。
きみはやってきたね、この家に。ぼくがぼろぼろになって帰ってきたころに、きみはやってきた。
ねえ、ねこさん。
きみはいろんなぼくを見てきた。きみはぼくを見てなにを思う?
なあ、ねこさん。
ぼくはきみがやってきてからねこの歌をよく歌うようになった。
きみはそれをうっとうしそうな目で見ている。
でも、ねこさん。
ぼくをきらいにならないでくれ。きみはぼくにとってなにかあるねこなんだ。
ともにあゆむ道には何があるんだろう。
主にあってぼくがいて、主にあってきみがいる。
kurosimaneko 2007/07/10(Tue)22:43:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[08/26  ペテロの弟子]
[08/25 KO]
[08/25 KO2]
[08/25 KO]
[11/29 kurosimaneko]
[10/31 kurosimaneko]
[09/25 kurosimaneko]
[08/26 kurosimaneko]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
the_seinennkai
性別:
非公開
忍者ツール
バーコード
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]